『Amazon.co.jpにご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認..』というメールが届いた時の対処方法。

Amazonから『Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認..』という怪しいメールが届いた時どうしたらいいの?対処方法は?

もくじ

  • メールの件名
  • メールの内容
  • Amazon ヘルプの内容
  • Amazonメールの他の記事

メールの件名

Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認

メールの内容

Аmazon お客様 「****私のメールアドレス*****」

Аmazon に登録いただいたお客様に、Аmazon アカウントの情報更新をお届けします。
残念ながら、Аmazon のアカウントを更新できませんでした。
今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。
アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため Аmazon アカウントの 情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。
アカウントに登録のEメールアドレスにアクセスできない場合お問い合わせ: Amazonカスタマーサービス。

お知らせ: パスワードは誰にも教えないでください。

個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。

オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。
Аmazon  

こんな内容のメールが届きました。

「???」と思ってAmazonからログインして「カードが期限切れになってるか」「請求先住所が変更された」など確認してみましたが特になにも。

すぐに怪しいものだと分かりました。

Amazon ヘルプの内容

怪しいと思ったのでずぐにネットで調べてみました。

調べてみると...Amazonのへルプ&カスタマーサービスの所にも記載がありました。

フィッシングやなりすましの主な手口として...

< 未納料金の請求>

商品代金や、有料コンテンツの料金が未納というメッセージが届いた場合、注文履歴をご確認ください。法的手続きを持ち出す詐欺メッセージもあります。注文履歴にない請求に応じたり、記載された番号に電話をかけたりしないでください。
<登録情報(お支払い情報など)の更新依頼 >

カードの有効期限が切れた、請求先住所が変更された、不審な注文があった、という内容で偽サイトに誘導するEメールがあります。お支払いオプションを管理にアクセスし、支払い方法の更新指示が出ていない場合は、Amazon.co.jpから送信したEメールやSMSではありません。Amazon Payの場合、支払い方法の更新依頼をEメールでお送りすることはありません。Amazon Pay利用履歴から、登録情報の更新が必要かどうか、ご確認いただけます。

引用元:Amazon

「残念ながら」とか 「アカウントの利用制限」なんて書いてあると不安になりますよね。

でもメールやSNSに届いた怪しい内容のものは絶対にリンクを開いてはいけません。すぐに削除してしまいましょう!

もし、分からない時は開いたりせずにまずはカスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

Amazonメールの他の記事

necologトップページ検索窓から「Amazon」で検索していただくと、Amazonを名乗る怪しいメールの他の記事をご覧いただくことが出来ます。または「迷惑メール」からお入りください。

楽天を名乗るメールは「楽天」で検索してみてください。

その他の迷惑メールは「迷惑メール」からお入りください。

いかがでしたか?

参考になれば嬉しです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。