バンタン(BTS)を好きになったキッカケと参戦したライブを振り返ってみた。

バンタン(BTS)を好きになったキッカケと自分が行ったライブを振り返ってみました。

ARMYのみなさん、‘BANG BANG CON’は楽しめましたか?

WINGSツアーファイナルはDVD持っているんですが、bone singerは何度見ても毎回必ず泣きます。ほんとに名場面。

やっぱりいいなぁ~。バンタン見てると本当に心が震えてきます。なんなんだ?この子達は。

バンタンを好きになったキッカケって皆さんそれぞれだと思いますが、自分自身のことと自分が行ったライブを振り返ってみました。

20代から洋楽ばかりでJ-POPは全然聞かない人でした。ところが突然、J事務所のAというグループに(バレバレ)ハマり、30代後半から数年間はそのグループにドハマりしていました。日本のアイドルグループにハマるとは最初は自分でも驚きでした。

私は、もともと音楽は「生」で聞いてナンボの人でした。

Aというグループを好きになる前もたくさんライブを見てきました。生の迫力や臨場感、一体感がたまらなく好きだからです。

Aのファンになって間もなく身体を壊し、とにかく辛く這うように生きる毎日が続きました。でも、Aのファンでいたことが元気の源になっていました。本当に元気をもらっていました。

チケットが取れないグループとして有名ですが、私がファンになった年はまだそこまで取れない...という訳ではなかったように思います。

2009年はコンサートに3回も行けました。

2010年から首の治療が始まり地獄のような日々が続きました。それでも、チケットが当たれば頑張って行っていました。

しかし、体調面がかなりひどく、つるんでいた仲間と一緒の行動がだんだん出来なくなり仲間とは別々に行動することにしました。

2013年に東京ドームへ行ったのが最後。体調面が大変だったこともあって自分自身に疲れてしまい、そこからファンを引退し、TVで見るだけのゆるゆるファンに変わりました。

そして、2016年。今までK-POPって全然聞いたことがなく、KARAとか少女時代とか流行っていたころは「かわいいな~♡」と思って見ていた程度。

YouTubeでK-POPのミュージックビデオを見ていると「K-POPってめっちゃ良くない?」となり、そこから色んなアイドルさんを見ていました。特にTWICEやRed Velvetなど女の子のグループをよく見ていました。ホントかわいい♡

ランダムに色んな映像を見ていると「この子達めちゃダンス上手い」と思ったのがバンタンでした。

でも、すぐにはハマりませんでした。ちょっとイキったギラついた若者に見えたからです(ごめんなさい...(o_ _)o)))

ところが、バンタンの色んなMVを見ていると「I NEED YOU」とか「SAVE ME」「RUN」とか...めちゃくちゃいいじゃん♡となり、どんどんドツボに。

ライブのDVDを買って見てみると(初めて買ったのは花様年華)、やっぱしめちゃくちゃいい♡

何回も見ました♪↓2016 BTS LIVE <花様年華 on stage:epilogue>~Japan Edition

でも、ライブに行こうとは思いませんでした。「映像の中の人でいいや」と思っていたからです。

この頃は体調は良かったり悪かったりの繰り返しで、ひどかった頃より随分と良くなっていましたが、結構波がありました。Aのファンの時が体調面で大変だったから「ライブはもういいや~」って思いがあったのです。

バンタンのことはしばらく、「映像の中の人」として楽しんでいました。

そして2018年。LOVE YOURSELFのドームツアーのお知らせを目にした時、「バンタンのライブに行きたい!!!!」とライブに行きたい熱が再び戻ってきました。

FCに入っていなかったので、即FCに入り、東京ドームを申し込んだら...

「当たったーーーーー(泣)」

11/13、東京ドームの初日、参戦しました。あのTシャツ騒動があった時で本当に毎日辛い思いをしていましたが、初の生バンタン。感激、感動、もうヤバイ!

それから2019年7月、エコパスタジアム参戦♡

真夏のスタジアムは正直自信がありませんでした。なぜなら、私は夏が一番弱く熱中症のような症状が出やすいからです。フラフラしながら毎日を過ごす時もあります。気持ち悪い、フラフラする、目が回る、身体がしびれる、苦しい...等の症状が夏はひどくなってしまうのです。

チケットを申し込みする前にさんざん迷いました。真夏のスタジアム~~~(泣)

でも旦那さんに「とりあえず申し込んで当たってから考えな」って言われて。「まだ取れてもないのに最初からそんなこと考えない方がいいよ」と。

背中を押してもらって、申し込みをしたら「当たったーーーー(ノД`)・゜・。」

しかし当たったはいいが、エコパスタジアムってどうやって行くの?と調べると、なんだかとてつもなく大変そう。

エコパまでの往復バスが出ましたよね。私は横浜からの往復バスを利用すれば楽でした。

しかし、バスに乗るのも怖かったのです。

2019年は1年を通して体調が最悪でした。とにかく過緊張がひどく、ソワソワしたりトイレに何度も行ったり、息苦しくなったり、しびれてきたり。

2010年に首の治療がスタートしてから、今までは国内はもちろん、さんざん海外旅行もしていた人が長時間乗り物に乗れなくなってしまったのです。

首の治療についてはこちらに書かせて頂きました。Vol.1~4まであります。

一人でハワイに何度も行ったり、友達と海外旅行したり本当にアクティブだった自分が40歳以降、別人のようになりました。

バスだと万が一、体調不良になった時、自由に降りることが出来ません。確認したら車内にトイレがないと。2時間おきぐらいにトイレ休憩があると言われましたが、とにかくソワソワがひどかったのでいつトイレに行きたくなるか分かりません。

こうやってエコパまでの行き方を考えているだけで苦しくなったり目が回ってきたり....考え事するだけでも緊張が強くなってしまいました。

そしてバスは断念し、新幹線で行くことにしました。

幸いにも、2019年の7月は涼しくてそこまで暑い感じではありませんでした。それでも、スタジアムに着くとちょっとムワ~とする感じはありました。

小型扇風機やお水、塩分タブレットなど持参して熱中症対策を万全にしていきました。

ライブの時は↓のような首にかけられる扇風機がおすすめ♪

今でも忘れらなない、あの地響きのするようなアミ達の声援と一体感。思い出すだけで鳥肌が立ちます。本当に本当にすごかったんです!!

エコパは「あそこまで自分が行けた。しかも真夏のスタジアムで見れた。」って言うことが自信につながったような感じです。いい経験が出来ました(^^)

そして2019年11月。ZOZOマリンスタジアムでのペンミ。

ペンミも思い出です(泣)

チケットが落選しまくりで本当に凹んでいましたが、粘りに粘ってようやく体感席で取れました(泣)

私が行った11/23は悪天候でした。雨で寒くて、ZOZOスタジアムに着くと結構な横殴りの雨でした。(私にとっては暑いより寒い方が良い)

ゲートに行くのも大変で場所がよく分からず、雨が降る中、人ごみをウロウロと歩き、自分のゲートにやっと辿り着きました。

ゲートに入ると、過緊張が出てしまい全身がしびれてきてしまいました。

私、気象病のようで悪天候の時は体調が悪くなりやすいのですが、この日は体調が悪い...とか特にありませんでしたが、やはり雨の中、人ごみの中に入って緊張が強くなったのだと思います。

ライブの時はポンチョ型のレインコートがおすすめ♪

気象病についてはこちらに書かせて頂きました

痺れが出てしまってフラフラしていたので仕方なく、ビニールを敷いて地べたに座り込み、痺れが治まるまでおとなしくしていました。

あと少しで開演の時間になってしまいましたが、ゆっくり行こう...と思って(焦ると悪化するので)ちょっとぐらい見れなくても仕方ない...と思い、自分のペースで行動していました。

痺れが落ち着いたので自分の席に向かいましたが、開演が少し遅れていたみたいで最初から見ることが出来ました(^^)/

私の取れた体感席が思いの他、いい席で「え~~~~こんないい席で見れるの??」と感激。

ペンミも本当に本当に楽しくって最高の思い出が出来ました(泣)

「雨の中のスタジアム。痺れが出ても頑張れた。」ってことがまた自信に繋がりました。

ペンミのことはこちらにも書いています

パソコンデスクの所に貼ってある思い出のスローガン♡

こんな感じで身体の面で結構大変なのですが、それでもやっぱり生で見たいです。

*ちなみにすべてボッチ参戦です。

見ると本当に元気になりパワーがもらえます。初めてバンタンを見た東京ドームの後は、しばらくメンタル崩壊で廃人のようになっていました。

それぐらい、ライブってすごいんですよね。

バンタンに出会えてなかったら、もしかしたら一生「ライブはもういいや~」って思っていたかもしれません。

でもバンタンが生で見る良さを再び思い出させてくれました(^^)

私のように身体の面で色々抱えているARMYさんもいらっしゃると思います。もしかしたらライブに行くことをあきらめている人もいるかも?しれません。

そのような方がいらしたら、私のこの記事を読んで少しでも「行ってみよう」って気持ちになったら嬉しいです(^^)/

あー早く会いたい♡

2019年ひどかった過緊張はだいぶ出なくなっています。実践していることはこちらの「うつ消しごはん」をご覧ください(^^)/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。