Amazonからの『もう一度確認してから、あなたのアカウントを利用してください』というメール。

Amazonからの『もう一度確認してから、あなたのアカウントを利用してください』というメールはフィッシング詐欺メールです。絶対にリンクを開かないように。

もくじ

Amazonを名乗るメール

不安を煽る内容やリンクに誘導するようなメールは迷惑メール、フィッシング詐欺メール、ウイルス感染する恐れがあるメールです。怪しいと思ったら絶対にURLを開かないようにしましょう。

過去にもAmazonを名乗るメールの記事をいくつか書かせて頂いています。

いろんな件名、内容、送信元アドレスで届きますので似た内容の記事になってしまいますが、被害にあう方が少しでも減るように、迷惑メールと思われるものが届いたらその都度ご紹介させて頂いております。

ここに書いたメールの件名、アドレス、内容など必ずしも一致する訳ではなく何通りもあるようです。

こちらでご紹介した内容と同じではなくても、怪しいと思ったら絶対にURLを開いたりリンクをクリックしないようにご注意下さい。

メールの件名

もう一度確認してから、あなたのアカウントを利用してください

送信元アドレス

"Amazon.co.jp" apikey@newnamecardamazonmail.cyou

メールの内容

Amazonサポート | Amazonアソシエイト

弊社のモニタリングにより。普段と違う不審なログインが見つかり。誰かがお客様のいつもお使いになった支払方法を変更しようとしていたそうです

あなたのAmazοnのアカウント:(私のメールアドレス)

ログイン日時:2020/11/17 2:44:34

IPアドレス:36.242.225.216

装備:Windows NT 10.0; WOW64

場所:茨城県 水戸市元吉田町

Amazon会員個人情報を確認する必要があります。今アカウントを確認できます。

続けるにはこちらをクリック

なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に勝手ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。どうぞよろしくお願いいたします。メ。
お客様のセキュリティは弊社にとって非常に重要なものでございます。ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

本メール内のお客様の漢字氏名が正しく表記されない場合がございます。ご了承ください。
弊社からのメールを希望されない会員様へも重要なお知らせとしてお送りしております。
本メールアドレスは送信専用となり、返信はお受けしておりません。
Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について

発行元:アマゾンジャパン

<実際のメール>

「続けるにはこちらをクリック」のところは絶対にクリックしないようにしましょう!

「続けるにはこちらをクリック」のところにマウスポイントを置いて右クリック→プロパティを見ると、http://cardservices.newnamecardamazon.icu/というURLが出てきました。AmazonのURLではないですよね。

Amazonの正式なURLは https://www.amazon.co.jp/ です。例えば、Amazonのトップページからアカウントや支払い情報、注文履歴などのページに飛んだとしても、co.jp/以降が変わるのみで、『www.amazon.co.jp/』は変わることはありません。

ちなみに「続けるにはこちらをクリック」のところをクリックすると、画面一面がオレンジ色になり「偽のサイトにアクセスしようとしいています」という警告が出ました。

実際にパソコン画面がこのようになりました。

偽のサイトにアクセスしようとしています。cardservices.newnamecardamazon.icuでは、悪意のあるユーザーによって、ソフトウェアのインストールや個人情報(パスワード、電話番号、クレジット カードなど)の入力といった危険な操作を行うよう誘導される可能性があります。

パソコンやスマホのセキュリティが弱い場合はアクセス出来てしまう可能性があります。*確認のためクリックしましたが危ないのでやらない方が無難です。

対処方法

絶対にURLやリンクをクリックしてはいけません。そしてメールは削除してください。URLやリンクを開かなければ被害はありません。

それでもご心配な時は、Amazonカスタマーセンターにお問い合わせください。

チャットで問い合わせが可能です。チャットは待たされることもなくすぐに問題が解決いたします。チャットの詳しいやり方はこちらに記載しています。

『Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について』もあわせてお読みいただくことをお勧めいたします。

Amazonメールの他の記事

necologトップページ検索窓から「Amazon」で検索していただくと、Amazonを名乗る怪しいメールの他の記事をご覧いただくことが出来ます。または「迷惑メール」からお入りください。

楽天を名乗るメールは「楽天」で検索してみてください。

その他の迷惑メールは「迷惑メール」からお入りください。

いかがでしたか?

参考になれば嬉しです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。