『ご利用のAmazon.co.jp のアカウント制限されました』というフィッシング詐欺メールが届いた時の対処方法。

『ご利用のAmazon.co.jp のアカウント制限されました』というメールが届いた時 、どうしたら良いのでしょうか。フィッシング詐欺メールが届いた時の対処方法をご紹介いたします。

もくじ

実際に私は『ご利用のAmazon.co.jp のアカウント制限されました』と言うメールが7通届きました。しかも2日連続で。怪しいメールはフィッシング詐欺の可能性が高いので絶対にURLを開いてはいけません。

この記事では私自身が実際にAmazonに問い合わせをした手順をお教えいたしますね。

届いたメールの内容

受信ボックスがこんな感じに...。これが2日続きました。以前も似たような件名のメールが届いたことがあり、すぐにおかしいと気づきました。

メールの内容は以下の通りです。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

お客様のアカウントのに登録された電話番号にご連絡いたしましたが、お客様に連絡を取ることができませんでした。
クレジットカード会社に登録されている電話番号を現在使用されていない場合は、クレジットカード会社の記録を更新し。
お客様によるご確認行為は必須となっており、お客様のアカウント情報のご確認が行われなかった場合は、アカウントが停止される可能性がございます。
この確認は義務付けられており、確認していただけない場合は、アカウントが停止される場合もあります。

ここをクリックして更新します

何卒、よろしくお願い申し上げます。

Amazon.co.jp

上記は実際に届いたメールです。「ここをクリックして更新します」の後にURLが張り付けてありました。

この手のものはすぐに削除してしまうのですが、念のため、Amazonに問い合わせをしてみました。

Amazonに問い合わせ

Amazonトップページのまたは左上の三本線のメニューから「ヘルプ」→(問題が解決しない場合は)→カスタマーセンターに連絡

これはパソコンの画面ですが、このようなチャット画面が出てきます。私は詐欺メール以外のことでも何度か問い合わせしたことがありますがチャットでの問い合わせが簡単で早いです。

今すぐチャットをはじめるをクリックします。

最初はAIが対応してくれますが、内容によってサポートスタッフに代わります。

こんな風にチャットをします。これは実際にチャットした内容の一部です。

Amazonが私宛にメールを送った履歴も何もないとのことです。詐欺メールの可能性が高いとのこと。

フィッシング詐欺メールの見分け方

Amazonで「フィッシング詐欺メールの見分け方」について情報提供しています。詳細はこちらをご覧ください。

いかがでしたか?アカウント制限...と書いてあるとビックリしますが、落ち着いて対応してくださいね。

絶対にURLは開かない。メールは削除。これで大丈夫ですが、もしもご心配でしたらAmazonに問い合わせしましょう。

Amazonを名乗るメール 記事をご紹介

necologトップページ検索窓から「Amazon」で検索していただくと、Amazonを名乗る怪しいメールの他の記事をご覧いただくことが出来ます。

「その他・お悩み解決」とアイコンが出ていますので分かりやすいかと思います。

とにかく最近、Amazonを名乗る怪しいメールが多いです。あわせてお読みいただくことをお勧めいたします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。