シンクに渡せるスリムな水切りかごは狭いキッチンに【おすすめ】

水切りかごを置くスペースがない方必見!ヨシカワ『スリムに置ける流れる水切りかご タテ置き』はわずかなスペースでも置くことが出来ます。

もくじ

我が家のキッチンはとても狭く、調理台に水切りかごを置いていたため、作業スペースがなく困っていました。

ヨシカワ『スリムに置ける流れる水切りかご タテ置き』に買い替えて、問題がすべて解決いたしましました!

この記事はキッチンが狭くて水切りかごが置けない!水切りかごを置くと作業スペースがない!とお悩みを抱えた方のために書かせて頂きました。

*ここでご紹介する水切りかごは1~3人暮らしに向いています。家族が多いと食器が入りきらないと思います。(我が家は二人暮らしです)

キッチンが狭い!

我が家のキッチンはとても狭く、水切りかごを置くと小さなまな板が一枚乗るぐらいの作業スペースしかありませんでした。

上の画像はフリー素材ですがシンクの形状がよく似ていますので使わせて頂きます。右側が壁になっていてシンクサイドには、ほとんどスペースがなく物を置いたりも出来ません。左側が調理台です。我が家はここに水切りかごを置いていました。

*実際の写真です。こんな状態でした。水切りかごの前だけが唯一の作業スペース。

この作業スペースに物を置いてしまうと、まな板が完全に乗り切らなくて、変な置き方をしてバランスを崩し、床に食材を散乱させてしまうこともありました。

お盆を置く時も斜め置きにしてしまい、バランスを崩しお茶をこぼしてしまったり...。食器を落として割ってしまったことも。

大きな発泡スチロールでカニが送られてきた時も発泡スチロールごと床に落とし、魚介臭のする水をこぼしてしまったり...。

とにかく作業スペースが狭いことに、たびたびストレスになっていました。

一軒家からマンションに引っ越しをしたのですが、一軒家の時に使っていた水切りかごを引っ越し先のマンションでもそのまま使っていました。

もともと使っていた水切りかごは幅40センチx奥行30センチぐらいのごく一般的なサイズのものでした。

たびたび床に物を落としてしまう。

作業スペースを広くしたい。

キッチンの中に小さなテーブルを置こうかと考えましたが、ますますキッチンが狭くなる。

そこで、水切りかごを買い換えることにいたしました!

シンクに渡せる水切りかご スリム

省スペースの水切りかごだと、二段になったタイプも多いですよね。

しかし、商品のサイズを見てみると今まで使っていた水切りかごと奥行きが5~6センチしか変わらない。

5~6センチだけだと、たいして変わらないような気がしたので二段式のタイプは却下しました。

それと、受け皿に落ちた水が勝手に流れていくタイプのものが条件の一つでした。溜まった水をいちいち捨てなくていいので楽ですよね。

ネットでいろいろと商品を探していると、シンクに渡せる水切りかごを発見!しかも水が勝手に流れるタイプ。

商品はこちらです。

ヨシカワ スリムに置ける流れる水切りかご タテ置き

しかし....

細長過ぎる??

あまり食器が入らない??

うちのシンクサイドは幅が狭すぎて置けない??

などの疑問が出てきました。

ショップに問い合わせ

お客様レビューを読んでいると「細長いけど意外と入る。」と書いている方もいらして、細長過ぎてあまり食器が入らないのでは?という問題はどうにかなりそうだなと思いました。

フライパンや鍋類も洗った後、水切りかごに入れてしまうクセがあったのでそれをやめれば、どうにかなりそう。二人分の食器だけなら入りそうだなと思いました。

問題は、シンクに渡して置けるのか??

うちのシンクサイドはわずか6.5センチしかありません。

ショップの商品説明の画像を見ると、まさにうちのキッチンと同じような写真がありました。

しかしながら、購入した方のレビューを読んでも「6センチに置けた」「7センチに置けた」などのレビューが見当たりませんでした。

レビューをざっと読んだところ、「15センチのシンクサイドに置けた」「20センチに置けた」など....。「10センチ」も見かけましたが6~7センチは見当たりませんでした。

商品の画像やサイズ表示を見る限り、我が家のキッチンにも置けそうなのですが、もしも商品が届いて置けなかったら面倒なことになりますよね。

念のため、「6.5センチの幅しかないこと。縦の長さは確保できていること。画像と同じようなシンクであること。」を記載し、ショップに問い合わせをしました。

ショップからすぐにお返事をいただきました。

こちらの商品ですが、水切りトレーをかごに引っ掛けて設置するタイプの水切りかごです。
シンクの奥側と手前側にかごの脚を置くスペースが確保できていれば、シンク横の幅が狭くても設置可能です。

楽天市場 Kitchen Shop

とお返事を頂きました。

脚を置くスペースが確保できていれば、シンク横の幅が狭くても設置可能です。

うちのシンク横にも設置できると思い、早速注文いたしました。

商品到着~設置

注文して、翌日には到着しました。早く設置したかったので助かりました。

早速設置してみると。

*こんな感じで置けました!!画像では分かりにくいと思いますが、かごにトレーを引っ掛ける感じになります。また、かごの脚に滑り止めを付けるのでズレたり動いたりしません。

*上の写真は古い水切りかご。新しい水切りかごにも同じ分量の食器を入れてみましたが同じように入りました!

水もちゃんと流れる

トレーにたまった水は本当にちゃんと流れます!シンクに直接落ちていきます。

たまに「流れる」と謳っている商品なのに、トレーに溜まって流れないこともありますよね。

しかし、こちらは溜まることなくちゃんと流れます!

錆びにくいステンレス

ステンレスは表面の酸化被膜により錆びにくいという特性があるそうです。

また、こちらの水切りカゴは鉄に18%のクロムと8%のニッケルを添加した「18-8ステンレス」を使用しているとのこと。

素人には配合とかよく分からないのですが、耐食性、耐靭性に優れたステンレスだそうですよ。

金属加工の街「燕三条」の職人さんが丁寧に作り上げている商品なので、安心感もありますよね^^

楽天市場 Kitchen Shopさんを参考にさせていただき書いています。

まな板受け

そして、さらに使いやすくするために「まな板受け」を購入しました。

商品はこちらです。

コモライフ ステンレス伸縮まな板受け

*画像:Amazon

まな板をシンクにかぶせることで、より調理台が広くなります。また、フライパンや鍋を洗った後、この上に乗せることも可能です。

水切りかご内が食器でいっぱいになると、フライパンや鍋が水切りかご入らなくなるので、このまな板受けを使うようにしています。

取り付けや取り外しも簡単なので、使う時だけ設置しています。

他にも似たような商品はたくさんありますので、ご自分のキッチンに合いそうなものをチョイスできます。

人気の商品をいくつかリンク貼っておきますね。

まとめ

✅狭いキッチンでも水切りかごの設置を工夫することによって、作業スペースが広くなりキッチンが使いやすくなる。

✅シンクに渡せる水切りかごはわずかなスペースでも置くことができるため、デッドスペースを有効活用できる。

✅まな板受けや水切りラックをシンクに設置すると、より作業スペースが広がる。

いかがでしたか?

毎日のことなので、少しでもストレスがないようにしたいですよね^^

私はすっかりキッチンでのストレスがなくなりました。

参考になれば嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。