Amazon 質問の仕方。カスタマー Q&Aから購入者に質問する方法。

Amazonmで商品を購入する際、商品について分からないことが…。そんな時は「カスタマーQ&A」から質問する方法があります。その質問の仕方についてご説明いたします。

この記事は「商品についてどうやって質問するの?」「質問と回答は誰が書いてるの?」と疑問に思っている方に向けて書かせて頂きました。Amazonカスタマーセンターではなく、過去に商品を購入した人に質問するやり方のご紹介です。

もくじ

商品について分からないことがある

これからご紹介する内容は、私自身が実際に経験したことになります。

Amazonである商品を購入しようとしましたが、商品について分からないことがありました。

その商品のレビューは170件ほどありました。

170件ほどのレビューの中に、欲しい情報(私が疑問に思っていること)と近いものが何件かありました。しかし、私が本当に知りたい情報はレビューの中にはありませんでした。

欲しい情報と近いレビューを参考に、商品購入をほぼ決定していました。

買おうと思っていた商品は、カーペットだったので梱包サイズも大きくなります。もし商品到着後、気に入らないと返品になりますが返品するのも大変ですし、開封してしまったら返品できなくなってしまいます。

そこで、メーカーさんに直接メールで問い合わせてみました。

しかしながら、思っていた回答は得られませんでした。メーカーさんからの回答なので、メーカー側の立場上、ご案内出来ないこともあるかと思います。(例えば、そのような使用方法だと破損の可能性がございますのでメーカーとしては推奨していません…みたいな感じ)

カスタマー Q&Aから質問

となると、購入した人に実際はどうなのか、聞いてみたくなりカスタマーQ&Aから質問してみることに。

場所はレビューの上です。カスタマーQ&Aの下の検索ボックスに質問したい言葉を入れます。例えば、下の商品はタブレットです。このタブレットはお風呂でも使えるの?と疑問に思ったとします。

検索窓に「お風呂」と入力するとこの商品のレビューの中から「お風呂」に関して書かれたレビューが何個か出てきます。その中から自分が知りたい答えがない場合….

お探しの回答が見つかりませんか? 質問を投稿

と出てきます。 質問を投稿をタップすると質問内容が書けるようになり、「投稿」をタップします。

カスタマー Q&Aの仕組み

質問を投稿した後、カスタマーQ&Aを見ても、自分の投稿した質問はまだ表示されません。

誰かが回答してはじめて、「質問」と「答え」が表示されるようになります。

回答するのは、この商品の購入者やメーカーや出品者が回答します。

カスタマーQ&Aには質問が表示されていないのに、購入者はどうやって回答するの?と思いますよね。

Amazonが過去にその商品を買ったお客様に対して一斉にメールを出します。「あなたが注文した商品について質問が投稿されたので 回答してくれませんか?」というメールです。

メールを受け取った過去の購入者が、質問に対して回答をくれます。そして、回答があってあじめてカスタマーQ&Aに表示される仕組みです。

Amazonに登録している自分のメールアドレス宛にも回答は届きます。もちろん、回答者から直接ではなく、Amazon Answers <answers@amazon.co.jp>から届きます。

過去の購入者から回答はくる?

一番最初に、私はレビュー170件ほどの商品を買おうか迷っている旨、書かせていただきました。

そして、質問を投稿したのですが、「果たして、回答は得られるんだろうか?」と疑問が。

ところが、質問してからわずか20分後、回答がメールで届き、その後も続々とメールが届き、全部で7件の回答が届きました。

その中にはメーカーさんからの回答もありました(私が一番最初にメーカーさんに質問したのと同じ答えでした)

7件中、6件が過去の購入者さんからでした。実際に使用している生のお声でした。

この6件の回答を参考に、私は迷っていた商品の購入を止めました

メーカーさんからの回答のみでしたら、購入するところでした。実際に使用している生のお声は大事ですね!

過去の購入者から回答がくるかどうかは、その商品に対して購入者が少ないと回答が得られないと思います。

レビュー件数は、ひとつの目安になるのではないでしょうか。

たまに「分かりません」とか「メーカーに聞いてください」みたいな回答を目にしますよね。私の時は運よく、そのような回答はなく6件すべて参考になる内容でした。

まとめ

カスタマー Q&A から質問すると過去の購入者から回答が得られる

✅メーカーや出品者から回答がくることもある

✅購入者が少ないと質問しても回答が得られない可能性もある

言葉足らずや説明不足だと、思うような回答が得られない可能性もあります。質問する時は読む側に伝わりやすいように書きましょう。

いかがでしたか?参考になれば嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。