「うつ消しごはん」の意外な効果。タンパク質と鉄をたっぷりとると元気になる。でもそれだけじゃない意外な効果とは?

藤川徳美先生の「うつ消しごはん」はタンパク質と鉄をたっぷりとると元気になる。でも、それだけじゃない「うつ消しごはん」の意外な効果をご紹介いたします。

うつ消しごはんをはじめて3ヶ月半ぐらい経ちました。これまでにも何度か記事にしていますが、ふと思ったことがあるので書かせて頂きます。

うつ消しごはん関連記事はこちら

私の場合、強い緊張に悩まされていた事は過去の記事に書かせて頂きましたが、それに伴い緊張からくる「頻尿」でした。

思い返すと若い頃からトイレが近かったのですが、首からの症状が酷くなった40歳以降、頻尿がかなり酷くなってしまいました。

首コリによる心身の影響はこちらに書かせていただきました。Vol.1~Vol.4まであります。

尿意をもよおす…と言うよりはお腹の筋肉が緊張している感じでトイレに行かないとソワソワ落ち着かなくなってしまうのです。家にいても外出先でもどこにいても関係なくです。

特に排卵期や生理前は筋肉の緊張が酷く寝る前に3、4回連続で行ってしまったり。連続で行っても出るわけがないのですが行かないと落ち着かない感じでした。

夜中も目が覚めるとトイレに行かないと気が済まない感じで必ず行っていたのですが、そう言えばここ最近、夜中に起きてもトイレに行かずそのまま寝てっていることに気が付きました。

夜寝る前も、例えば9時ぐらいに一度行ったとしましょう。そうすると寝る前にもう一度行かないと気が済まなかったのが、最近は眠いとトイレに行かずそのまま寝てしまいます。

ん....?と考えました。

今までより確実にトイレの回数が減っています!あのお腹の筋肉が緊張するようなお腹がソワソワする感じが出なくなりました。

女性の方は頻尿の人は多いと思いますが、私のように緊張から尿意をもよおしてる場合もあるかと思うのです。

うつ消しごはんをやることによって「緊張からくる頻尿」は改善されるかもしれません。

実体験を記事にしていますので少しでもご参考になれば嬉しいです(^^)/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。