洗濯機のかさ上げ台 設置。業者を呼ぶと費用はいくら?

洗濯機の下に隙間がなく掃除ができない!そこで、かさ上げ台を設置することになりました。業者を頼むと費用はいくらかかるのか?

もくじ

この記事は洗濯機の下に隙間がなくかさ上げ台の設置を考えている方に向けて書かせていただきました。

最初に申し上げると、私は業者さんを呼んで設置してもらい「約19,000円」かかりました。

下に隙間がない

一軒家からマンションへ引っ越しをしました。一軒家の時は洗濯機の下に隙間がありました。

しかし、マンションへ引っ越しをしてから、洗濯機の下には洗濯パン(防水パン)があり、その上に洗濯機が乗っています。

洗濯機の下にはまったく隙間がありません。

うちは、どこからかチョウバエが発生するのですが、洗面所、お風呂、トイレ、台所の各水回りにはすべてチョウバエのお薬を定期的に撒いています。

チョウバエ対策の記事はこちら

チョウバエを退治する方法。風呂場や洗面所から発生。外からも侵入。

ところが対策をしてもチョウバエが発生するので、何か原因があるはず。

唯一、洗濯機の排水口だけがお薬を撒けない場所で、もしや?ここからチョウバエが発生しているのかも?と思いお掃除しようと思いましたが、下に隙間がまったくないため排水口の掃除が出来ません。

お風呂、洗面所、洗濯機が全部近くにあるのですが、この周辺が最近、下水っぽいニオイもしていました。

そこで、洗濯機の排水口の掃除とかさ上げ台設置で、業者さんを呼ぶことにいたしました。

かさ上げ台設置は自分でも出来るけど

前に住んでいた一軒家の時は下に隙間があったので、かさ上げする必要がありませんでした。

そのため、「かさ上げ台」という存在を知ったのもこの時でした。

ネットで調べると「かさ上げ台」というものが売っていました。購入して自分で設置できます。

しかし、うちの場合、洗濯機の左右にも隙間がまったくなく、一体どうやって持ち上げるの?という疑問。ドラム洗濯機だから重量もかなりあります。

さらに調べていると業者さんがやってくれるとのことで、業者さんを呼ぶことにしました。

水さぽに依頼

いくつかの業者さんに問い合わせをしました。

洗濯層の掃除のオプションでなければかさ上げ台設置をしてくれない所(かさ上げ単品は受けない)や排水口がつまっているなら行きますがつまりがないなら....。という所など、条件の合わない所もありました。

また電話してもつながらない業者もありました。

問い合わせ時の対応もよく安心してお任せできそうと思ったのが水さぽさんでした。

知らない業者さんに頼む時って、この問い合わせした時の印象ってとても大事ですよね。

そして、問い合わせした翌日には来てくださいました。

業者さんに見てもらうと

事前に相談した内容は、

✅洗濯機の下に隙間がないのでかさ上げ台を設置して欲しい。

✅下水臭がするので排水口を掃除して欲しい。

✅家の中にチョウバエが出る。洗濯機の排水口かもしれないので見て欲しい。

この3点でした。

下水臭は業者さんがくる前日、洗面所に「パイプユニッシュ」をやってみたら下水臭がなくなりました。(これは、たまたま臭わなくなっただけだったようで、その後はまた下水臭が発生してしまいました)

それと、かさ上げ台は設置できない家もあるので見てみないと分からないと事前に伝えられていました。

そして、水さぽさんが来て実際に見てもらうと。

洗濯機の排水口はチョウバエが発生する程、汚れていないからここが発生源だとは考えにくいと言われました。

排水口から発生している家だと排水口の周りに死骸があったりするそうで、それもないと言われました。

そして掃除する程、汚れていないとも言われました。

下水臭は「パイプユニッシュ」でおさまったことをお伝えし、洗面所も一応見てもらいましたがチョウバエが発生するような汚れはないと言われました。

作業の前にどの程度のことをやるのか事前に相談して、そこから作業がスタートします。作業にかかる料金も事前に伝えてくれます。

ちなみに水さぽさんは出張見積もり無料です。

お客様が私共にトラブルの状況をうまく伝えるのは難しい事です。その為、状況を確認してからでないと正確なお見積りはお出しできないかもしれません。

しかし、そんな時は無料見積りサービスをご活用ください。水さぽでは出張見積り無料サービスを実施しており、近くを巡回中のスタッフが迅速に駆けつけます。

もし、今の状況を説明するのが難しい場合は是非無料見積りサービスをご活用ください。

引用元:水さぽ

今回のケースは、相談した3点のうち、排水口の汚れとチョウバエに関しては、何も作業しなくて良さそうでした。大して汚れていないのに掃除してもらうとその分費用もかかりますよね。

かさ上げ台は設置できるとのことで、今回はかさ上げ台設置だけをお願いしました。

かさ上げ台は2種類ありました。詳しい金額をメモってなかったのでこちらのサイトの記事を引用させていただきます。

かさ上げ(10cmの最も高いもの):工賃含め20,000円(税抜き)

かさ上げ(6cmくらいのもの):工賃含め14,000円(税抜き)

引用元: IT系アラサーOLの悲喜こもごも日記

私は6㎝の方でお願いしました。

かさ上げ台の金額と基本料金で19,000円弱の見積もりが出ました。

かさ上げ台は変なものを付けてしまうと振動や音が凄かったり、重さに耐えられず破損してしまうケースもあるそうです。

洗濯中、破損して洗濯機が倒れでもしたら大惨事ですよね。マンションで水漏れなんかしたら大変なことになります。

不安定な洗濯機が倒れて大けが!なんてこともなりかねません。

かさ上げ台を自分で購入・設置をして安く済ませたい!という方もらっしゃると思いますが、やはりプロにお任せした方が安心だなと思いました。

かさ上げ台の高さについて注意点があります。

今回、私は6㎝で設置をお願いしました。私は腕が入るので排水トラップや洗濯パンの掃除が可能です。

しかし!主人に掃除をしてもらおうと思ったら腕が入りませんでした。

男性や腕が太目の方は、10㎝の方をお勧めします。

私は腕が細い方ですが、かなりギリギリです。

かさ上げ台設置完了

こんな感じになりました。これで排水口のお掃除も可能になります。

水漏れがないかなど動作の確認を一緒に行い、問題なければ作業終了です。

最初の見積もりの通り、19,000円弱の金額をお支払いしました。

後になって調べてみたら、かさ上げ設置の料金の相場は20,000円~30,000円だそうです。

ほぼ相場ですね^^

排水トラップに水がたまっていない

ただ、一つ問題が発生しました。

排水トラップにコップのような形状の部品が付いています。下記の写真の排水ホースの下にコップのような形状の部品があります。

そこに水がたまるようになっていて、水がたまることによって下水臭や害虫の侵入を防止しているそうなのです。

これを封水と言いますが、洗面所なども排水管がカーブしていてそこに水がたまるようになっていますよね。あれと同じです。

ところが、我が家の排水トラップは水が空っぽでした。もしかしたら、封水できていないことが臭いとチョウバエ発生の原因かも?

✅かさ上げ設置の当日は洗濯をしていませんが、前日は洗濯をしている。

✅前日の洗濯の時は乾燥機を使っていない。

何日も洗濯をしていない場合や、乾燥機を使うと、水が蒸発する可能性があるそうなのですが、前日洗濯、そして乾燥機は使っていない。それなのに水がないのはおかしい...とのことでした。

これについては、洗濯機のメーカーさんに問い合わせして、また記事に出来そうでしたら書かせていただきますね。

かさ上げをするメリット

そもそも、かさ上げって必要なの?かさ上げをするメリットは?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

洗濯機の下、排水口の掃除がしやすくなる。というのが最大のメリットではないでしょうか。

詳しいメリットについてはこちらをご覧ください。

かさ上げをするメリット

まとめ

✅かさ上げはお掃除しやすいなど、たくさんメリットがある。

✅かさ上げ台設置は自分でやると危険を伴うので、業者さんにお任せするのが安心!

✅かさ上げ設置で業者を呼ぶと相場は20,000円~30,000円。

私は水さぽさんに頼みましたが、他の業者さんもありますのでリンクでご紹介いたしますね。いくつか問い合わせしてみるのが良いと思います^^

*おそうじ本舗は条件に合わなかったので今回はやめました。

おそうじ本舗

*くらしのマーケットは今回はお願いしませんでしたが、網戸の張替えなどで何度かお世話になっています。

くらしのマーケット

いかがでしたか?

参考になれば嬉しいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。