【体験談】スズメバチが家の中に入ってきた時の対処方法。駆除費用は?

【動画あり】以前、スズメバチが家の中に入ってしまい駆除業者を呼びました。実際にかかった駆除費用などご紹介いたします。

もくじ

庭木や軒下にスズメバチの巣がある。家の近くでよくスズメバチを見かけるなど。いつ家の中に入ってきてもおかしくありません。

この記事はもし家の中にスズメバチが入ってきたらどうするの?と思っている方のために書かせて頂きました。

これは実際に私が経験したことです。駆除までの流れやかかった費用など参考になれば嬉しいです。

家の中にスズメバチ!

まず最初に結論から申し上げると、家の中にスズメバチが入ってしまいましたが、自分達で対処出来ず駆除業者さんを呼びました。

かかった費用はスズメバチとアシナガバチの巣の駆除。この2点で3万円弱でした。

こちらにアライグマが床下に侵入した記事を書かせて頂きました。

ちょっと話が繋がっているのでお時間がございましたらアライグマの記事も読んでいただけたら嬉しいです。

アライグマが床下に侵入したわずか2日後。事件は起きました。

引越しを数日後に控えていたため、家の中の整理に追われていました。この日はアライグマが床下に侵入した「納戸」の整理をしようと...

数年前はこの「納戸」と外の物置との間でハクビシンが子供を産んでしまいました。その時の記事はこちら

スズメバチもこの納戸にいました。なんだか呪われた場所です...

私が納戸の整理をしようと中へ入ろうと思ったその時。

「ブーン」とすごい羽音が聞えました。

「え...?」

と見てみると、黒っぽいデカい虫が飛んでいるではありませんか!

納戸の入り口はアコーディオンカーテンです。

私はビックリしてすぐにアコーディオンカーテンを閉めました。

「え?G(〇キ)じゃないよね?」

2階で引越しの準備をしている旦那さんに、「ね~~ちょっと来て~。納戸にデカい虫が飛んでる」と言って旦那さんに見てもらうと...

「わっ!スズメバチだ!」

外で仕事をしている旦那さんは度々スズメバチを見かけるようで、納戸にいる虫を見てすぐにスズメバチと分かりました。

自分でなんとかしようと...

殺虫剤片手に納戸に入ろうとしたので、私が止めました。

「やめよう。蜂屋さん呼ぼうよ」

引越し前のこんな大事な時に刺されでもしたら大変です。とにかくすごい羽音が聞えるので、その羽音だけでも恐怖でした。

アコーディオンカーテンは上下に隙間があります。その隙間からスズメバチが出てきたら大変なことになるので、上下の隙間にガムテープを貼って隙間を埋めました。

納戸の中に閉じ込めた状態で、私は「蜂屋さん呼ぼうよ。無理だよこんなの」と言って説得し、蜂屋さんを呼ぶことに。

ネットでスズメバチの駆除業者さんを探して電話で相談しました。

すぐに来て欲しいと伝えると、折り返し電話します。と。

その後、駆除業者さんから電話がかかってきて30分ぐらいで行きます。とのこと。

駆除業者さんが家に

駆除業者さんが30分程で来てくれました。早速、現場を覗くと...

「わぁ~。かなり大きいですね~」とおっとりとした口調で蜂屋さんは言いました。

「ヒメスズメバチの女王蜂ですね~。その中でもかなり大きい方になります。」

「それと外のガスメーターの所にアシナガバチの巣がありますよね。それも取っちゃいましょうか~」

蜂と闘う男とは思えないくらい優しくおっとりとした口調です。

「女王蜂は刺さないって聞いたことがあるんですが」と旦那さん。(どこ情報?)

「いや刺します。この時期の女王蜂はかなり攻撃的です」...とのことです。自分達で何とかしようとしなくて良かった。

まず最初に見積もりを出してくださいました。スズメバチとアシナガバチの巣の駆除。この2点で3万円弱でした。私たちはその金額で納得して、駆除をお願いしました。

そして蜂屋さんは防護服を着て納戸へ...。テレビでよく見るあの白いやつです。

少しすると手にタッパーのような容器を持って、それを私たちに見せてくれました。

容器の中のスズメバチ

蓋がくるっと回るタイプのタッパーのような容器にスズメバチが入っていました。

私たちはワーキャー言いながら写真撮ったり、動画撮ったり大騒ぎ。

なかなかこんな機会ないですからね^^

私たちがワーキャー言っている間に外のガスメーターの所の作業をしてくれました。捕獲されたアシナガバチも写真や動画を撮りました。記念に...

捕獲したスズメバチの動画

実際の動画はこちらです。

容器を手で持っていると手の方に向かってきます。そして、人間でいうと眉毛が釣り上がるような怖い顔つき、まさに「鬼の形相」になります。威嚇をしているようです。

こんなのに刺されたら大変...💦

蜂屋さんを呼んで本当に良かった。

アシナガバチは巣もまだ小さく、ハチもスズメバチに比べたらかわいらしいです。

どこから入ったのか?

さて、スズメバチはどこから入ってきたのか?家のどこかに侵入口があるのなら、また入ってきてしまう可能性もあります。

蜂屋さんに見てもらいました。ですが、特に侵入口となるような所は見当たりませんでした。

そして、1階の網戸が少し開いているのを蜂屋さんが発見しました。

「ここからじゃないですかね~」

その言葉に私たちは少し安心しました。少し開いていた網戸からの侵入なら網戸をちゃんと閉めればもう入ってくることはありません。

作業は1時間もかからなかったと思います。作業が終わり、蜂屋さんに約3万円のお代をお支払いして一件落着です。

自分で退治しようとする人

後になって、「スズメバチ 家の中」などでネット検索すると家の中にスズメバチが入ってくることは珍しいことではないようです。

自分で退治しようとする人も多いみたいで、ちょっとびっくりしました。うちの旦那さんも自分でやろうとしていましたが...

しかし、あの羽音を聞いただけでもビビります。ましてや、黒っぽい物が「ブーン」と音を立てて飛んでるんですよ。刺したりしないG(〇キ)だって怖いのに。

「スズメバチ 家の中」などでネット検索すると色々情報も出てきますが、命にかかわることもあります。スズメバチが入ってきたら業者さんに相談することをお勧めいたします。

私が依頼したのは便利屋はっちさんです。

最初に生活救急車に電話で相談して実際に来ていただいた業者さんは便利屋はっちさんです。

暮らしの中の「困った」を解決する【生活110番】も害虫駆除はもちろん、様々な生活のトラブルに対応しています。このようなサイトを事前に知っておくといざという時、慌てずに済みますね^^

最後に

納戸は本当に呪われた場所としか思えません。

しかし、1階の網戸(1階の和室の網戸です)から侵入したとしたら、そこの和室から納戸に飛んできた...と言うことになります。

1階には台所やお風呂場、洗面所、他にも部屋があります。階段をスズメバチが通れば2階にも行けてしまいます。

でもなぜか納戸に行ってくれました。

他の場所だと閉じ込めが出来ない場所もありますから家のあっちこっちに飛び回っていた可能性もあります。

納戸に行ってくれたから封じ込めが出来た...という訳です。

本当に不思議なのですが、引越し日が決まったその日にアライグマ侵入。その2日後にスズメバチ侵入。

虫の知らせってよく言いますが、なんか「早くこの家を出た方がいい」というお知らせのような気がしてなりません。

古い一軒家からマンションにお引越しをして、今は快適な暮らしをしています。今までの煩わしさが嘘のようです。

マンションにはマンションの大変さもあるかもしれませんが、数日住んでみて、今はどこも気になる所がありません。とにかく快適で毎日癒されています。

いかがでしたか?参考になれば嬉しいです^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。