【体験談】天井裏にムクドリの巣を作られた実体験をブログにてご紹介!

春から夏はムクドリの繁殖期です。我が家も以前、天井裏に巣を作られてしまいました。

巣があることによって一体なにが起きたかのか!?実体験をブログでご紹介いたします!

もくじ

ムクドリってどんな鳥?

ムクドリはスズメ目ムクドリ科の鳥類になります。全長は24cmほどあり、スズメとハトの中間くらいのサイズになります。全体的に茶褐色で、首から頭部とお腹周りに白色が混じっているほか、足と口ばしは橙色です。また、「椋(むく)」という木の実を好むため、ムクドリという名前がついたそうです。

引用元:生活110番

ムクドリってどんな鳥?ムクドリの生体についてはについてはこちら

ムクドリについてお分かりいただいた所で、ここから私自身が体験したお話をしますね。

天井からトコトコ

ある年のゴールデンウィーク頃、天井からトコトコトコ...とかわいらしい足音が聞えるようになりました。

私は足音ですぐに「鳥だ!」と分かりましたが、足音がかわいいな~...ぐらいにしか思っていませんでした。

ゴールデンウィーク明けから私は海外へ行く予定があり、10日程家を留守にしました。その間、旦那さんはお留守番でしたが朝仕事に出かけて夜だけしか家にいない毎日。

私が海外に出発する前、天井からは

「シーン....」

たまに

「ゴト...」 「ゴト...」

と音がする位であまりトコトコ歩く足音は聞こえませんでした。抱卵期だったのだと思います。

そして海外から戻ると!

チーチーチーチーかわいらしい鳥の赤ちゃんの鳴き声が聞こえるではありませんか(^^)

ムクドリの抱卵日数は平均13.6

...だそうです。 まさに私が海外に行っている間に卵が孵化したようです。

ヒナが孵った~

「ヒナが孵った~♡」

そしてそこから、鳥のヒナの声に癒される毎日。

屋根の通気口の金網が壊れて穴が開いていて、そこからムクドリが出入りしていました。ヒナが巣立ったらあの穴ふさがなきゃね...なんて旦那さんと話していました。

そして!帰国して数日後のある朝。

1階から2階へ上がる階段の一か所になにやら白っぽい小さい物がポロポロと何個も散らばっていました。

小さな白い物は一体??

「なんだこりゃ?」と思ってよく見ると小さい物はウヨウヨと動いています!

ひぃ( ゚Д゚)

さらによーく見てみると、2㎜位の小さなウジ虫がいっぱいいるではありませんか!

あまりにもビックリして、すぐに殺虫剤を撒いて掃除をしました。

え?なに?今の...なに?

そして少ししてから、またそこへ行くと(と言うか1階へ下りる通り道なので...)またもや小さな物が ポロポロしていて、ウヨウヨうごめいていました。

一体どこからこれが???と思いよく壁を見てみると壁の隙間から出てきてるではありませんか!

害鳥駆除業者さんに依頼

すぐに鳥の影響?と思い、慌てて害鳥駆除会社をネットで探してすぐに来てくれる業者さんを探しました。 恐らく鳥が関係してるのではないか?と。巣の撤去をした方が良いと言われました。

今日行けると言ってくださった業者さんが見つかってその日のお昼ごろに来てもらいました。

業者さんが言うには、壁から出てくる虫は恐らくヒナが天井裏から壁の隙間に落っこちて、そこでヒナが死んでしまったんじゃないかと。

早速巣の撤去作業をしてもらいました。ムクドリ一家はみんな外出中で巣は空っぽです。

天井に穴を空けて巣の撤去作業が始まりました。かなり大きな巣が作られていたようです。

問題のヒナの死骸は見つかりませんでした。もし壁の隙間に入ってしまっていたら壁を壊すしかありません。

でも業者さんは消毒をすれば大丈夫とおっしゃって下さったので、その言葉を信じてすべてお任せいたしました。

2時間位だったと思います。巣の撤去から消毒、通気口を塞ぐまでの一通りの作業が終わりました。

駆除作業が終わり...

全て作業が終わり一件落着です。

費用ですが、ちょっとうろ覚えで申し訳ないんですが8万ぐらいかかったと思います。

業者さんが帰られた後、ムクドリ一家が屋根付近をバタバタ羽ばたいていたのでうちに戻ろうとしていたのが分かりました。入る穴が無くなってしまって戸惑っていたのかもしれません...。可哀そうだけど...。

私はその夜、熱を出しました(*´Д`)

あの壁から虫が出てくる...というのがあまりにもショックだったようです。

野鳥はダニや雑菌が凄いみたいです。巣の悪臭も。ですが幸いにもそのような被害はありませんでした。それが不幸中の幸いだったのかもしれません。

鳴き声の動画

お隣の雨戸の戸袋にムクドリが巣を作ってしまいました。鳴き声は動画でご紹介しています。

もし自分の家に巣作りされてしまったら?

巣作りされてしまう前に、されないように気を付けることが大切です。雨戸の戸袋は特に中に入られないよう対策をした方が良いです。

私の家の場合は、通気口の金網が壊れていて(または壊されて)そこから入られました。日頃から家の点検も必要ですね。

以前、通気口からハクビシンも侵入しました。詳細はこちらです。

野鳥の保護や巣の撤去は法に触れてしまう場合もあるので注意が必要です。やはり専門の業者さんに相談するのが一番だと思います。

こちらが参考になりましたのでリンク貼っておきます。

駆除に関してこちらのリンクを貼っておきます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。